別所温泉 旅館組合

Tel:0268-38-2020

信州最古の名湯「信州の鎌倉」別所温泉

別所温泉紹介ShopMenu

北向観音

本尊は千手観音菩薩で、昔からこの地方はもちろん広く県内外の信者が多く厄除の観音様として親しまれています。
「北向」の名は長野の善光寺の南向きと、向きあっているところから名づけられたものです。
善光寺と北向観音のご利益は一体のもので、その一つを欠けば"片詣り"であるといわれています。

常楽寺

常楽寺は、別所温泉にある天台宗の古いお寺で、常楽・安楽・長楽という「別所三楽寺」の一つです。
平安時代のはじめ624~834(天長年間)、慈覚大師という方によって開かれ、その後塩田北条氏や海野氏が建て直したといわれています。有名な別所北向観音をお守りする寺で、今は天台宗の別格本山となっています。
鎌倉時代に塩田地方は「信州の学海」と呼ばれていたのですが、この常楽寺もその頃、宗教・学問を勉強する場所であったようです。

安楽寺

八角三重塔で知られる安楽寺は天長年間(824~834年)に開かれたと伝えられる大変古い寺です。
この寺の名が書物に出てくるのは、鎌倉時代のはじめのころからです。鎌倉の建長寺の開山(初代の住職)として有名な蘭渓道隆(中国人で執権北条時頼が招いて建長寺の開山とした名僧)が、安楽寺の和尚に宛てた手紙や、その他の史料から、この寺は鎌倉の建長寺と深い関係をもっていたことがわかります。
禅寺としては、信州では最も古い寺になります。



相染閣 ~別所温泉あいそめの湯~

別所温泉の地に上田市営の温泉施設として相染閣が建設されたのは昭和47年。
以来、約40年にわたり、皆様に親しまれてまいりました。
このたび、施設の老朽化にともない、現在の地に建替えを行い、平成20年5月2日(金曜日)午前10時にリニューアルオープンいたしました。
なお、リニューアルにともない、相染閣の愛称を、皆さんに親しまれ末永く愛されるようにとの思いを込め、「別所温泉あいそめの湯」とさせていただきました。

FREE SPOT

別所温泉では、多くの旅館・ホテルが無線LANでインターネットにアクセスできる環境『FREESPOT』を導入し、インターネットの出来る環境をお客様に開放しております。
旅行中の情報収集に、ビジネスの拠点として別所温泉『FREESPOT』をご活用ください。
現在、FREE SPOTがお使いいただけるのはこちらの宿泊施設です。
マウントビューホテル朝日館・旅館桂荘・斎藤旅館・玉屋旅館・旅館つるや・旅館中松屋・七草の湯・別所観光ホテル。その他、別所駅でもお使いいただけます。